Red Hat OpenShift向けセキュリティポリシーの組織化(Orchestration)

IBMは、次世代ハイブリッド・マルチクラウド・プラットフォームとオープンソースの取り組みをお客様に提供することに注力しており、Red Hatの買収によりその姿勢が強化されました。お客様は、重要なワークロードの変革、アップグレード、クラウドや複数のベンダーのプラットフォームへの移行など、ITモダナイゼーションの新たなフェーズに入っています。お客様は、Tufin SecureCloudのポリシーを中心とした自動化ベースのアプローチを活用することで、クラウドネイティブ、ハイブリッドクラウド、Kubernetesアプリケーションが適切に設定され、安全であることを確信することができます。

Tufin SecureCloudがRed Hat Openshiftをサポートすることで、企業のセキュリティチームは、パブリッククラウド上のクラウドネイティブまたはクラウドに最適化されたワークロードに対する重要なインサイトを得ることができ、セキュリティポリシーのガードレールを確立し、クラウドネイティブアプリケーションのすべての重要な機能におけるコンプライアンスを監視することができます。

可視性

SecureCloudは、マルチベンダーのハイブリッドクラウド基盤全体に渡る可視性を確保し、Openshiftクラスターにおける主要な脅威や脆弱性を明らかにします。

妥協のないセキュリティ強化

SecureCloudは、OpenShift環境のネイティブ・セキュリティ・ポリシーを最適化し、コンプライアンスとセキュリティのための組織の既存のガードレールに合わせます。

継続的なコンプライアンス

SecureCloudは、コンテナ、パブリッククラウドサービス、ファイアウォールを継続的に監視してセキュリティ違反を検出し、自動的に警告を発して不正な通信をブロックすることで、継続的なコンプライアンスを実現します。

シフト レフトでのネットワーク・セキュリティ

SecureCloudによって促進されるオープンなコミュニケーションと可視性は、セキュリティからDevOpsまでのすべてのチームに統一されたビューを提供し、俊敏性と透明性のある実用的なインテリジェンスをもたらします。