Fortinet 社のファイアウォール向けセキュリティポリシーの組織化 (Orchestration)

Tufin Orchestration SuiteとFortigate FirewallsおよびFortiManagerを組み合わせることで、高度なネットワークセキュリティの保護と可視性を実現し、機動的でリスクのないポリシー変更を可能にします。Tufinは、Fortinet Fabric-Ready ProgramのFortinet Security Fabric パートナーとして認定されています。

Fortinetのユーザは、Next Generation Firewall (NGFW)のサポートを提供するリーディングベンダーであるTufinの Tufin SecureTrack を使用して、FQDNオブジェクトの変更を表示、検索、追跡し、ルールの許容範囲、シャドーイングなどの誤設定を検出することができます。

さらに、ネットワークおよびセキュリティ管理者は、 Tufin SecureChange を使用して、FQDNを含むルールの変更を自動化することができます。新しいアクセスや廃止されたルールなど、FQDNオブジェクトを含むルールの変更は、Tufinによって自動的に管理、展開されます。

以下のビデオでは、FQDNオブジェクトを含むルールに新しいアクセス変更が実装され、PanoramaとFortiManagerの両方に適用された様子をご覧いただけます。

このFortinetとの共同ソリューションにより、企業の2021/6/52021・6・5ITセキュリティチームは、複雑な異種物理ネットワークやクラウドプラットフォームを1枚のガラス越しに管理し、可視化とリスクのないファイアウォールポリシーの変更を実現します。高度な分析と自動化技術に基づき、ネットワークセキュリティポリシーは、フォーティネットのファイアウォール機能を活用して、企業ネットワーク全体で編成されます。

Go to Tufin Knowledge Center for supported devices, platforms and version numbers.