運輸業界.

運輸業界は、ネットワーク セキュリティの観点から、最近ますます注目されています。自動運転のコンセプト(とその実証実験)、報告されている航空事故、そして数多くの攻撃オプションの間で、この分野はセキュリティを確保するのが最も困難な分野の1つであると言えます。輸送の傘には、航空、高速道路インフラ、自動車輸送、海上輸送システム、大量輸送、旅客鉄道、パイプラインシステム、貨物鉄道、郵便、海運などが含まれており、それぞれがセキュリティ上の課題を抱えています。

交通機関におけるセキュリティ上の主要な課題には、情報共有環境の中で連携して動作するように設計された統合システムのネットワーク群が関わっています。しかし、1つの機能に不具合が発生した場合、ネットワーク全体に何が起こるのでしょうか?業界の専門家が指摘する主な課題は、この複雑なシステム間の統合を維持することです。運輸業界の各部門には、それぞれ独自の規制や基準があります。ネットワーク セキュリティ管理者が、適切なツールとプロセスを用いて、ネットワークとアプリケーションのダウンタイムを最小限に抑え、攻撃対象領域をできるだけ減らし、事業継続性を確保することが極めて重要です。