通信業界.

世界中の何百万人もの人々が情報のやり取りができるような状態を保つ責任を負い、クラウドコンピューティングやモバイルアクセスのような進化し続ける技術を提供する通信企業のネットワークは、日々攻撃対象領域を広げてしまっています。通信部門の意思決定者たちは、毎日通信ツールに依存している何百万人もの人々のデータを保護するために、可能な限り積極的に行動する必要があります。通信部門には、登場が大いに期待されているウェアラブル技術やIoTなど含め、これまでで最も革新的な技術を持っています。

これらの先端技術の導入に伴い、サイバー犯罪者にとって攻撃の対象となる領域が大幅に拡大することになります。今日ほとんどの「モノ」がインターネットに接続されるようになり、消費者の55%が自宅でこのような技術を使用することに関心を持っている今、通信会社は、何百万人ものユーザーのデータがどこにあるかにかかわらず安全であることを保証するために、より戦略的なセキュリティプロセスの計画を開始することが非常に重要です。デロイト社のTelecommunications Industry Outlookによると、「IoTの拡大とコンテンツのストリーミングの増加に伴い、大量のデータ消費は今後も拡大し続けるだろう」と予想しています。したがって、世界中の電気通信企業が、何百万人ものユーザーのデータがどこにあるかにかかわらず安全であることを保証するために、より戦略的なセキュリティプロセスの計画を開始することが非常に重要です。

Related Resources