製造業界.

製造業界では、攻撃者の目的は金銭的な利益よりも、在庫や生産システム、製造工程などの知的財産であり、事業やブランドを混乱させることが目的であることが特徴です。製造業や産業ネットワークの最も重要な側面の1つは、グローバルな規模で成長し続けることです。米国に拠点を置く企業の製造業務が、世界中の数十カ所に工場を持つために、企業ネットワークがサイバー攻撃の脅威にさらされるということがあるのです。

高度な技術と仮想化により、製造業者はリアルタイムで通信し、サプライチェーン全体の情報を数秒で共有し、手元にある実際のデータの可視性を高めることができるようになっています。これらの侵害は2~10%しか報告されていないため、見出しを飾ることはないかもしれませんが、2010年以降、製造業のセキュリティインシデントが急増しています。高度な製造技術によってもたらされる業務効率を損なうことなく、柔軟で自動化されたセキュリティポリシー(基準)を管理する必要があることは明らかです。