可視化とプロビジョニングを自動化.

増え続けるポリシー(基準)設定を特定して管理しなければいけませんが、そのための各種の複雑な作業を軽減し、運用効率、生産性、コンプライアンスを向上することができます。

人的エラーを減らしながら、アプリケーションを時間をかけずに適用できるようになります。

これまでのマニュアル作業によるネットワークおよびセキュリティ運用のアプローチは、今日の複雑な環境では多くの時間を必要とします。またエラーが発生しやすいため、効果的な運用が難しい状況にあります。企業ネットワークの複雑さが増すことで、より多くの変更を、より多くのプラットフォームに、より迅速に、限られた人的リソースで行わなければいけません。

Tufinは最先端のネットワークセキュリティポリシー自動化ソリューションを提供します。自動化されたファイアウォール管理プロセスを広範囲に提供することにより、貴重なITリソースを解放し、より価値の高い作業に集中することができるようになるのです。

Tufinのお客様は、変更の正確な設計と自動化されたプロビジョニングのための手厚いベンダーサポートを活用できるために、高い生産性と効率性を手にするだけでなく、ネットワークセキュリティをも向上させることができます。

Tufinソリューションの導入後は、変更プロセスに時間がかかりすぎるという苦情が減り、増加する変更量、変更の複雑さ、プロセスのボトルネックを把握できるようになりました。経営陣は、Tufinを高く評価しています。
ネットワーク オペレーション エキスパート、RWS supply and trading

自動化インテリジェンス

企業ネットワークのためのリアルタイムのトポロジーマップで、どのルールが実装されているか、どのルールが標準に準拠しているかまたは違反しているかの可視化、およびゼロタッチプロビジョニングを通じて、増え続ける複雑なポリシー構成を管理します。

トポロジーとネットワークパスの可視性を高め、リスクを能動的に分析

ネットワークセキュリティ全体を可視し、アプリケーションの依存関係を含むトポロジーを制御して、変更が企業のセキュリティ要件に準拠していることを確認します。 自動化されたリアルタイムのネットワーク知識により、攻撃対象領域を最小限に抑えます。

セキュリティポリシー管理の一元化

中央集中型の統一セキュリティポリシーにより、ネットワーク上のすべてのルールを企業標準と比較して、ルールの遵守を自動化することができます。どのルールが実装されているか、どのルールが基準を満たしているか、または満たしていないかを知ることができます。

プロビジョニングの自動化

セキュリティポリシーに準拠したセミマニュアルから完全自動化(ゼロタッチ)のプロビジョニングを実現します。Tufinを使用するネットワークおよびセキュリティチームは、ネットワークアクセスの変更やファイアウォールの管理作業に費やす時間と労力を大幅に削減することができるため、より戦略的なプロジェクトにリソースを割くことが可能になります。